札幌マラソンのホテル予約は小樽にすべき理由(東京オリンピック2020)

スポンサーリンク
札幌マラソンのホテル予約は小樽にすべき理由(東京オリンピック2020)

札幌マラソンのホテル予約は小樽にすべき理由(東京オリンピック2020)

東京オリンピック2020のマラソンと競歩が札幌で開催となりました。

オリンピックの花ともいえるマラソンが開催地である東京で出来ない・見れない、札幌に急遽(きゅうきょ)変更ということで、マラソン競歩関係者をはじめ日本中が侃々諤々(かんかんがくがく)となりました。

オリンピック開催まで時間がないときに競技場所を変更するなんて、いくら選手ファーストかもしれませんがIOC(国際オリンピック委員会)の決断には賛否ありです。

東京・札幌、マラソン・競歩、関係者の恨み節は少しづつ収まりつつありますが、札幌をdisっている訳ではないのに結果的に札幌disっていることになったりで、だれもが被害者になっている状況です。

ここでは、絶対にマラソンや競歩を観戦したいという人たちにとっての宿泊(ホテル予約)の話をしたいと思います。

札幌マラソンを見るために札幌で宿泊するのは非常に困難(不可能)な事情があります。

札幌マラソン観戦のための狙い目は小樽でホテル予約すべし、という個人的なご提案です。

スポンサーリンク

なぜ札幌のホテルは予約しづらいか?

ずばり選手・競技関係者が大優先な訳です。

選手ファーストで急遽札幌になったわけですから、選手第一の一流ホテルの確保が大優先です。

いくら札幌のような大都市でも、東京オリンピック2020という大イベントで来る大勢の人たちを受け入れるホテル容量(ホテル部屋数)はありません。

世界から来るマラソンと競歩(男女)の選手たちと競技関係者、各国のマスコミ、それにVIP待遇の団体・企業、、、

世紀のイベントを観戦したい一般人にホテル予約を提供できるキャパシティ(ホテル部屋数)はありません。

しかも、まだ日程やコースも決まっておりません。(執筆時)

そのため札幌のホテル関係者は一般の予約を止めている状況です。

これは僕の予想でもなんでもなくテレビのワイドショーで専門家が発言した内容です。

それでも、冥土の土産(めいどのみやげ)にこの目に焼き付けたい、一生に一度の大イベントに観戦でもいいから雰囲気を感じたい、、、そんな一般の方々も大勢いることでしょう。

札幌のホテルはダメ、ではどうすれば最善の手が使えるかについて、次に書きます。

スポンサーリンク

なぜ小樽のホテルがおすすめなのか?

結論は、小樽のホテル予約をおすすめします。

その理由はこうです。

ずばり札幌に近い!

少し時間をかければすぐに札幌にアクセスできます。

小樽市から札幌市まで35.5km、札幌自動車道(高速)で約53分(Google検索情報)

電車もありますよ。⇒「JR函館本線」

バスもありますよ。⇒「北海道中央バス」

しかし当日は規制がかかるのと大混雑なので、時間に十分に余裕を見て移動ですね。

しかも小樽といえば日本人なら誰もが知る北海道でも有数の観光地です。

小樽で観光札幌で東京オリンピック2020マラソン観戦札幌でも観光、実に最高じゃないすか!!

スポンサーリンク

もうdisるのはやめよう!

札幌をdisっている訳でもないのに結果的にdisってることになってます。

千葉真子(ちばまさこ)なんか逆にバッシングされるという悲劇が起こっています。

日本人が日本人をお互いにディスるなんてもう止めましょう。

IOCが悪いなんていう人もいますが、そもそもの発端は東京へ誘致した東京都なんですよね。

2019年11月6日の朝日新聞に記事が載ってました。

当時の東京都知事である猪瀬さんの東京招致のロジックがこちらです。

オリンピック開催時期は7月24日から8月9日であることを念頭に置いて読んでください。

・東京は7月中旬までは雨期、9月からは台風シーズンで、その間での開催は最適である
・学校の休み期間、会社勤めの人も休暇を取る季節で、交通機関を考えると最適である
・この時期の東京の天候は晴れる日が多く、かつ温暖でアスリートが最高のパフォーマンスを発揮できる

今、これを読めばもう滅茶苦茶ですね。

温暖?! クレージーといってもいいくらいです。

当時は、東京にオリンピックが来れば最高だ、とくらいしか考えていなかったのでは??

もう決まった以上はサッポロマラソンの成功を祈ってます。

一方で、お気づきのように、今の日本は、札幌の気温が東京よりも高い日が何度もあります。

どうかどうか札幌のマラソンの日が東京よりも温度が高い真夏日にならないように切にお願いします。

スポンサーリンク

あわせて読みたい東京オリンピック2020

いろいろと東京オリンピック2020の記事を書いてます。
宜しければどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で