2018/04/182 Shares

帯状疱疹 血液検査結果 経緯報告その2

病気は早期発見早期治療

帯状疱疹 血液検査結果 病気は早期発見早期治療

帯状疱疹発症から10日たって、皮膚科へ駆け込み、血液採取と薬を処方されました。

4日後、血液検査結果を聞いたところ、「水痘・帯状ヘルペス CF」で測定値が16。

これでウィルスに感染したことが判明、帯状疱疹と確定しました(最終更新日:2017.08.12 薬価、効能・効果を追記)。

前回の記事で、帯状疱疹について原因、症状、対応を述べました。

スポンサーリンク

こちらが血液検査結果の一部です

血液検査結果

血液検査結果

「血清 4未満」「リコール 1未満」が正常値なので、16という数値は異常値ということだそうです。

血液検査ではほかの因子も測定されました。

白血球数

赤血球数

AST

ALT

γ-GT

総蛋白

クレアチニン

CRP定量

LD

ビリルビン

クレアチニン

・・・・・

 

血液検査項目は80項目以上ありますので、上記は検査項目が全てではありませんが、たぶん今回の診断に必要な因子のみだったと思います。

結果は、すべて基準値に入っており安心しました!!

処方していただいたお薬

ファムビル錠 250mg 朝昼晩2錠 489.9¥ 帯状疱疹のウイルスを
増殖をおさえるお薬
ロキソニン錠 60mg 朝昼晩1錠 15.9¥ 痛みや炎症をやわらげるお薬。
また熱を下げる作用もあり。
メチコバール錠 500μg
(0.5mg)
朝昼晩1錠 17.1¥ ビタミン12。
末梢神経の働きを助け、手足のしびれ、
痛み、麻痺などの症状を改善。
レバミピド錠 100mg 朝昼晩1錠 9.9¥ 胃潰瘍や急性・慢性
胃炎を改善。

ファムビル錠 250mg  朝昼晩2錠

ロキソニン錠 60mg  朝昼晩1錠

メチコバール錠 500μg 0.5mg  朝昼晩1錠

レバミピド錠 100mg  朝昼晩1錠

ファムビル錠という、帯状疱疹のウイルスを増殖をおさえるお薬ですが、これが非常に高価です。

私の場合、1週間分の薬代だけで、8000円くらい支払いました。

ロキソニンはCMで有名ですね。

レバミピドは胃の粘膜を保護する役目があることから胃腸の弱い人はロキソニンと併用を進める医師も多いとのことです。

帯状疱疹 血液検査結果 病気は早期発見早期治療が肝心!

当初は、右側後頭部の強烈なコリから始まり、3日後右側顎辺りに虫刺されのような赤い斑点が出現、次第に痛みに代わり、右側の頭全体が非常に痛くなり、我慢できず、ネットで調べ、病院へと駆け込んだわけです。

やはり、診断で原因が明確になりスッキリ感、薬を摂取することで痛みから解放、現在はたいへん安心しました。

完治まで、初問診から30日間はかかると告げられました。

痛みも1週間後はだいぶなくなり改善され、右顎の赤い痣(あざ)も少しづつ薄れていくことから、これは30日で完治するという感覚ができました。

当たり前のことですが、体の異常を感じれば、すぐに調べ、すぐに専門医に診ていただくことが大切ですね。

現代はインターネットという強力な個人大図書館が身近にあるわけです。

素晴らしい世の中になったと実感します。