2017年8月25日

炊飯器の突然の故障で、パナ製のSR-HX106 店員オススメの炊飯器を買いました!

スポンサーリンク
炊飯器の突然の故障で、パナ製のSR-HX106 店員オススメの炊飯器を買いました!

炊飯器の突然の故障で、パナ製のSR-HX106 店員オススメの炊飯器を買いました!

10年以上使用したタイガー製の炊飯器が、突然故障しました。

妻がお米を研ぎ終わった状態で炊飯器にセットしようとした矢先でありました。

どうやら電源系統が故障のようで、液晶表示のエラーコードが点滅。

今までの働きに感謝し、新しい炊飯器を購入しようと決意。

さっそく家電量販店に出かけ、即購入と思ったのですが、容量や方式やメンテなど各メーカー独自色が強く、選択に迷いました。

今日の夕食もあり、いま必要!

ズバリ店員オススメの炊飯器 パナ製のSR-HX106 を即座に購入しました。

スポンサーリンク

突然のご臨終 今までありがとう

炊飯器

炊飯器が故障! 壊れてしまった!

10年以上前に買った時は、
毎日食(しょく)するのだから

美味しく炊けるのなら、
そこそこ高級品でもいいということで、
1リッター容量のタイガー製を買いました。

もう、保証書も取扱説明書も紛失してしまい、
故障対策も分からない状態です。

年数がたっており、

電気系統で火災も心配ということで、
思い切って、買い換えることにしました。

これまでの働き、たいへんご苦労様でした。

スポンサーリンク

炊飯器の容量

5.5合炊きのファミリータイプだけでなく、
3.5や2.0合の小容量タイプもあります。

1-2人までなら3合炊き
3-5人なら5.5合炊き
5人以上なら1升炊き

という目安がありますが、
「おかわり」とか「家族構成」など考慮して
決めましょう。

買い替えの場合は、
いままで使った炊飯器が基準になるので
そう迷うことはないはずです。

ちなみに、整理すると、

1リットル=5.5合炊き
1.5リットル=7.5合炊き
1.8リットル=10合炊き=1升

スポンサーリンク

炊飯器の炊飯方式

炊飯器

日本人の主食は米:炊飯器

これは迷いました。

真空炊き
圧力IH
蒸気レス
超音波
その他いろいろ

いろいろ方式ありすぎ、
各方式ごとの比較パネルがありますが、
各メーカーはいいことしか書きませんので、
何が決め手か分かりません。

店員さんから説明をしていただきましたが、
次から次へとなのですぐ忘れてしまいます。

店員さんの
「圧力IHは、裏ブタのお手入れが面倒」
というのは覚えてます。

スポンサーリンク

店員オススメの炊飯器はコチラ

炊飯器

炊飯器 Panasonic の 1.0Lタイプ 大火力おどり炊き SR-HX106

結局、今日の今日なので、
何を選べばよいか迷ってしまいました。

某ケーズ電器の店員さんに素直にどれがよいかお聞きしたところ、

「私は、この商品を買って、満足してます。
 実は、ケーズのほかの店員さんも、
 同じシリーズを買って好評だそうです。」

とのお返事でした。

一押しの理由は、毎日使うので、
洗いやお手入れが簡単なもの、
使い勝手にプラスして、
釜の対流効果でお味もよろしく、
価格もリーズナブル、
だそうです。

こういわれると、もう迷わず、即購入。

それが、
Panasonic の 1.0Lタイプ 大火力おどり炊き SR-HX106? です。

大火力おどり炊き SR-HX106
強力な泡の熱対流で米粒にしっかりと熱を伝える「大火力おどり炊き」を搭載し、ふっくら炊き上げる「IHジャー炊飯器」。
好みに合わせて「ふつう」「かため」「やわらか」など炊き分け可能な「銀シャリ3種炊き分け」に対応。
玄米表面にある硬くて防水性の高い「ロウ層」を均等に除去した「金芽ロウカット玄米」の専用コースを搭載している。

お値段は、交渉して、税込み2万後半としてくれました。

価格の詳細は、影響あるとまずいので、2万後半というところまで。

その場でスマホで価格調べれば、
もっと安くいけたかもですが、
コンシェルジュ代(相談代)を入れたとして、
良しとします。

スポンサーリンク

私らの評価はこれ

炊飯器

よい炊飯器で美味しいご飯を食べます!

帰宅して、さっそく炊いて、食しました。

私のご飯の好みは、固すぎなく、
少し柔らかめの、水分やや多めのものです。

そのとおりに出来上がり、いまのところ、
買って満足です。

ちなみに、ネットでレビューを見たところ、
千差万別、十人十色の評価です。

ひとりひとり、こだわり、好みは違うこと、
コメの種類や水の量で味が変わってくること、
あまり人の意見を鵜呑みにするのも
リスクあるなと、改めて思いました。

そのつもりでこの記事も読んでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で