2018/05/042 Shares

「寅さん記念館」「柴又帝釈天」「柴又門前とらや」柴又へ行ってきた。

フーテンの寅さん「柴又」

夕方、フーテンの寅さん「柴又駅」

テレビで「フーテンの寅さん」こと故渥美清さんの生涯を描いた番組がありました。

「寅さん」のイメージがあまりに強い渥美清さんですが、そのイメージからの脱却に努めようと苦闘した様子が丁寧に描かれていました。

素顔の渥美清さんこと田所康雄(たどころやすお)さんは、結核で死線をさ迷ったことや、寡黙であったことなど、初めて知ったことが多くありました。

その番組で「寅さん記念館」が取り上げられていましたので、柴又へさっそく足を運びました。

スポンサーリンク

寅さんを見送るさくら、「フーテンの寅像」

京成電鉄金町線の柴又駅を降りると、寅さんとさくらが待ち構えていました。

フーテンの寅さん「柴又駅」

究極の自由人、フーテンの寅さん、「柴又駅」

寅さんの妹さくら

寅さんの妹さくら、映画の最後でいつも寅さんをお見送りです。

スポンサーリンク

柴又門前とらや、帝釈天参道

柴又帝釈天参道を歩いていくと、映画で寅次郎のおいちゃん、おばちゃんのだんご屋「くるまや」のモデルが老舗『高木屋』です。

そして「柴又門前とらや」、映画「男はつらいよ」の第一作から第四作まで舞台になった「柴又門前とらや」で草団子をいただきました。

ここで撮影が行われてたんだと、感慨もひとしおです。

柴又門前とらや

柴又門前とらや、店内は冷房が効いてて、ビールがおいしかった。草団子もです。

柴又門前とらや

柴又門前とらや

スポンサーリンク

柴又帝釈天

柴又帝釈天参道をさらに進むと、そこは大人気映画シリーズ「男はつらいよ」渥美清演じる車寅次郎ゆかりの寺、柴又帝釈天が見えます。

厄除け、延寿、商売繁盛に霊験あらかた。

お守りを買いました。

柴又帝釈天

柴又帝釈天、江戸時代に建立

柴又帝釈天

柴又帝釈天:境内の景色

スポンサーリンク

山本亭

柴又帝釈天を出て、民家を通るとすぐそこに山本亭が見えます。

山本亭は「寅さん記念館」の裏にあります

山本亭は「寅さん記念館」の裏にあります

スポンサーリンク

寅さん記念館

本日のメインイベントである、寅さん記念館に到着。

実際に使用された小道具やセットが楽しめます。

「寅さん記念館」

「寅さん記念館」

「寅さん記念館」

「寅さん記念館」:寅さんが何かやってます。

「寅さん記念館」

「寅さん記念館」:山田洋次監督、すぐ隣の山田洋次ミュージアムとの共通券になります!

「寅さん記念館」

「寅さん記念館」:映画のワンシーンの階段ですね!

「寅さん記念館」

「寅さん記念館」:喜怒哀楽のシーンがよみがえります。

「寅さん記念館」

「寅さん記念館」:寅さんのカバンの中身はこれだったんですね!

「寅さん記念館」は、開館時間は午前9:00?午後5:00、休館日は第3火曜日、入館料は一般500円・シルバー400円となります。

スポンサーリンク

京成電鉄金町線の柴又駅

京成電鉄金町線の柴又駅

京成電鉄金町線の柴又駅

当日は、秋晴れの気持ちのいい晴天、気温も高くなく、適度な風が吹いて、散歩も心地よくできました。

また訪れたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で