2018/05/031 Shares

精度はここまで高まった! Googleドキュメント で、音声入力をする方法

Googleドキュメント で、音声入力をする方法

Googleドキュメント で、音声入力をする方法

ふだん会社の仕事では、Microsoft のOS、ソフトは Word, Excel, PowerPoint, Outlook とMicrosoft のガリバー状態ですが、仕事上の検索は圧倒的にGoogle です。

そんな Google ですが、無償で提供されているアプリは有料相当いやそれ以上の価値あるものを提供しています。

今回は、Googleドキュメント で、音声入力をする方法について解説します。

スポンサーリンク

Googleドキュメント で音声入力をする方法

私事ですが、ほんのひと昔、文字起こしするのに、紙をスキャンして有料OCRソフトでテキスト化してました。

あまり出来はよくなかったです。

あまり精度が悪いので、せっかく何千円もして購入したにもかかわらず、OCRソフトは使わなくなりました。

それでもほかの有料ソフトで、音声入力をトライしましたが、どれも精度悪く、いつしか忘れ去りました。

いつしか時がたち、テクノロジーは発達し、しかも有料ではなく機能の一部となった今の音声入力!

アイフォンの Siri もそうですね。 LINE でも音声入力ができます。

ここでは、Google の音声入力について説明します。

スポンサーリンク

実際の作業フロー

Google ドキュメントを開きます。

Google ドキュメントを開きます。

ドキュメントを選びます。

ドキュメントを選びます。

右下の「+」をクリックします。

右下の「+」をクリックします。

右下の「+」をクリックします。

ドキュメントが開きます。

ドキュメントが開きます。

ドキュメントが開きます。

音声入力を選択します。

音声入力を選択します。

音声入力を選択します。

あとはクリックして話します。

あとはクリックして話します。

あとはクリックして話します。

スポンサーリンク

まとめ

Googleドキュメント で、音声入力をする方法

Googleドキュメント で、音声入力をする方法

マイクはピンマイクではなく、やや高くてもそれなりのマイクを使います。

USBマイクロフォン、PCマイクとかいろいろな呼び名があります。

少し早口でも文字にしてくれます。

できたテキストは、コピペでメールでもWordでも、貼り付ければいいだけです。

今や文字起こし機能は、無料でかなりの精度で使えるようになりました。

長文、短文を声で文字起こしできる補助機能として「使える」レベルになりました。

嬉しい世の中になりましたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で