2018/10/102 Shares

ボノサップパック400というピロリ菌除菌治療薬を飲み始めた件(4回目)

胃がんの元凶:ヘリコバクター・ピロリ菌

ボノサップパック400」というヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬を購入しました。

薬局に行く際は、病院から処方された日の4日以内に購入です。

大事なのでもう一度繰り返すと、病院から処方された日の4日以内に購入しないといけません。

うっかり6日間経過したため、このままだと購入できないと言われましたが、薬局側のほうで病院へ電話をかけていただき、病院側の了解を得て購入可能となりました(汗)

酒なしタバコなし生活7日間、とにかく飲み続けます!

スポンサーリンク

ボノサップパック400(ピロリ菌除菌治療薬)の費用

「ボノサップパック400」:ヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬です。

「ボノサップパック400」:ヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬です。

3回目記事では「ボノサップパック400」という名前のお薬を処方箋にて受け取ったところまででした。

会食や飲み会や「自発的な呑み」等のお酒を飲むであろう日程を避けて、ピロリ菌除菌治療薬を飲み始める予定を決定。

処方箋を持ってお薬を買いにいきました。

購入するときの注意事項として、検査後の4日間以内に購入しなくてはいけないとのことです。

うっかり6日間経過したため、こままだと購入できないと言われましたが、薬局側のほうで病院へ電話をかけていただき、病院側の了解を得て購入可能となりました(汗)

ボノサップパック400」:ヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬です。

1日2回朝夕食後に飲みます。
7日分

費用:1910円

スポンサーリンク

あらためてピロリ菌の悪さをまとめました

ピロリ菌除菌治療の前段階として、腹を括って胃カメラ検査を予約

酒なしタバコなし生活7日間、とにかく飲み続けます!

幼年期にピロリ菌に感染します。

ちなみに日本人の保菌者は約50%です。

ほとんどの保菌者は感染により胃炎を起こします。

除菌しない限り、ピロリ菌は行き続けますので、慢性的な炎症が続きます。

感染すると、数十年にわたり、環境因子(ストレス、発がん物質、塩分の多い食事等)により、慢性胃炎となります。

慢性胃炎は、持続感染(炎症が継続)粘膜の防御能の低下を引き起こします。

これにより、胃の粘膜を傷つけ、「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」を起こします。

また、粘膜の萎縮や腸上皮下生により「胃がん」を引き起こします。

人によっては、つまり胃の丈夫な人は、慢性胃炎の状態をずーと続けて一生を終える人もいます。

しかし、日本人の死亡原因の第三位は「胃がん」で「胃がんの原因の99%はピロリ菌」という事実があるので、家族には迷惑をかけたくない、長生きしたいのであれば、リスクは早期に潰すべきですね。

スポンサーリンク

酒なしタバコなし生活7日間、とにかく飲み続けます!

「ボノサップパック400」:ヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬

「ボノサップパック400」:ヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬

一度に5錠をとにかく7日間朝夕食後の2回酒タバコなしに飲み続けよう!!!

7日間、飲み終われば、4週間後に除菌判定となります。

除菌検査の日はやはり空腹8時間が必要となるようです。

昨年11月の人間ドックからはじまり、順調にいっても今年3月いっぱいは治療がかかりそうです。

自分のため、家族のためと言い聞かせ、頑張ります。

スポンサーリンク

ピロリ菌除菌治療のすべて:除菌成功までの全過去記事

ピロリ菌除菌治療の全経過を詳細に過去記事で記録してますので、ご参考にしてください。







 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で