2018/05/212 Shares

ピロリ菌除菌治療に酒・タバコ・コーヒーの影響は? 治療薬服用1週間完了(5回目)

「ボノサップパック400」:ヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬です。

「ボノサップパック400」:ヘリコバクター・ピロリ除菌に用いる薬です。

ピロリ菌除菌のための治療薬である「ボノサップパック400」を服用し1週間、ついに完了しました。

告白すると、二回、酒・タバコをほんの少し嗜み(たしなみ)ました。

この影響や如何に? 4週間以降に除菌判定を受けます。

ということで4週間後の尿素呼気試験がどうなるのか神妙に待つことにします。

今回は、ピロリ菌除菌治療に酒・タバコ・コーヒーの影響はどうなるのかについて解説したいと思います。

これでピロリ菌除菌治療の記事は5回目ですね。
過去4回の記事はこちらです。




スポンサーリンク

ピロリ菌除菌治療中の、酒・タバコ・コーヒー・カレー・キムチなどの影響は?

ヘリコバクター・ピロリ菌除菌治療のため胃カメラ(胃の内視鏡)を受診

さて、治療薬 ボノサップパック400を服用し1週間、ついに完了しました。

年を取ると時間の流れが早いです。

あっと言う間に一週間が過ぎ去りました。

2種類の抗生物質胃酸分泌抑制薬を、毎日2回、朝夜服用続けました。

お酒とタバコは禁止の指示でしたが、正直な話(内緒です)、ほんの少し嗜み(たしなみ)ました。

無意識的に。。

毎日の晩酌、多少タバコをする普段の私からしたら、ごく微量を一週間のうち2回ほどでしたが。。。

医療関係のサイトをみると、酒・タバコについては原則禁止とあるものの、絶対禁止ではないというトーンで書かれてあるサイトもあります。

医学文献では、アルコール摂取した場合の失敗率は、非アルコール摂取よりも低かったという文献もあるという。。。

専門ではありませんのでこれ以上は触れませんが、アルコールは大丈夫かな??(きわめて個人的意見、自己責任でお願いします)

しかし、医療的には原則NGですよ。

特に二次除菌ではアルコール絶対禁止とのことです!!!

つぎに、あとで知って驚きましたが、コーヒーもNGと書いてある医療サイトもありました。

コーヒーは、アルコールと同様、胃酸の分泌を促し除菌薬の効果を薄れさせるとのことです。

酒・タバコ以外の注意は受けていませんでしたので、コーヒーは毎日ガンガン飲んでました。

また胃への刺激が強いという点で、カレーやキムチなど刺激性のある食べ物も控えるようにというサイトもありました。

いずれにせよ、胃への刺激になるのは確かなので、お酒、タバコ、コーヒー、カレー、キムチ、、はなるべく控えましょう。

除菌治療の副作用

ピロリ菌除菌治療に酒・タバコ・コーヒーの影響は?

ピロリ菌除菌治療に酒・タバコ・コーヒーの影響は?

副作用として言われたことは、便がゆるくなる食感がおかしくなる、という2点でした。

私の場合、

(1)便がゆるくなる:腹痛を伴う下痢、なんべん、軽い下痢  ⇒  全くそのような症状はなし
(2)食べるものの味がおかしくなる、いわゆる、味覚異常  ⇒  特にそのような症状はなし

(1)「便のゆるみ」、(2)味覚異常は、全くなく、私の場合、逆に便秘気味になりましたが。。。

発熱や腹痛のある下痢や下痢に粘液や血液が混じった場合は、直ちに服用を中止し、病院側に連絡と相談をする必要があります。

また、軟便や軽い下痢、味覚異常のある場合は、こちらも相談する必要があります。

私は、まったくそのような症状はなく、真逆の便秘なりました。

どういうことなんでしょうか? 除菌判定結果に影響を与えるのか? かなり不安になっています。

これまでの流れ

ピロリ菌除菌治療のため、最大の難関の胃カメラ(胃の内視鏡)を受診した件(3回目)

ピロリ菌除菌治療のため鼻からの胃カメラ(胃の内視鏡)を受診

  • 毎年の人間ドックでのX線でのバリューム検査 ⇒ 胃炎と診断結果
  • 血液検査オプション(ピロリ菌検査) ⇒ 血清ピロリ抗体 検査結果( +) 異常
  • 鼻からの胃内視鏡検査 ⇒ 「慢性の萎縮性胃炎」「ピロリ菌除菌の必要性あり」と診断結果
  • ピロリ菌除菌治療開始  ⇒  2種類の抗生物質と胃酸分泌抑制薬を、毎日2回、朝夜服用

これまでの経緯ですが、いやいやけっこう面倒な手続き踏んでますね。

まだ続きますよ。

これからの流れ

4週間後の尿素呼気試験がどうなるのか神妙に待とう!!

4週間後の尿素呼気試験がどうなるのか神妙に待とう!!

服用終了後、4週間以降尿素呼気試験という検査を受けます。

受診時は、8時間の空腹時間が必要、病院の予約は必要なし、検査結果がわかるのは7日後、とのことです。

ピロリ菌の除菌の成功率は、一次除菌で約70%ですので、尿素呼気試験の結果で完治とはならないかもしれません。

これでNGの場合は、二次治療となります。

除菌成功率は約90%とのことです

4週間後の尿素呼気試験がどうなるのか神妙に待つことにします。

ピロリ菌除菌治療のすべて:除菌成功までの全過去記事

ピロリ菌除菌治療の全経過を詳細に過去記事で記録してますので、ご参考にしてください。







 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で