2018/08/080 Shares

あの美しき女優たちの大胆なラブシーンを描いた映画8選

あの美しき女優たちのラブシーンを描いた映画8選

あの美しき女優たちのラブシーンを描いた映画8選

えー!この女優さんがこんな濃厚なシーンを撮ったのか!!というベスト映画を8作品ほど個人的好みで選びました。
映画ならではの、テレビでは拝めない、官能的なシーン、神々しいシーン、Hなシーン、ベッドシーン、みだらなシーン、、、お楽しみください。

スポンサーリンク

吉高由里子  蛇にピアス

舌にピアス、背中に入れ墨。。。
あまりにも刺激的、バイオレンス、ハードコア、濃厚な濡れ場に、ふだんドラマやCMに見慣れている方には驚愕なシーン連続です。
これは吉高由里子さんのみならず、共演の高良健吾さん、ARATA(旧芸名、現在は井浦新さん)ファンにも同じかも。

『蛇にピアス』(へびにピアス)は、日本の小説家・金原ひとみの小説であり、当人のデビュー作である。第27回すばる文学賞を受賞した。綿矢りさの『蹴りたい背中』とともに、第130回芥川龍之介賞を受賞した。2008年9月20日、作者本人の意向を受けて蜷川幸雄監督による映画が公開された。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

二階堂ふみ  リバーズ・エッジ

二階堂ふみさんのいさぎよい脱ぎっぷりやラブシーンが話題になりました。

『リバーズ・エッジ』は、岡崎京子による日本の漫画。1993年から1994年にかけて雑誌『CUTiE』(宝島社)で連載、1994年6月に宝島社ワンダーランドコミックスより刊行された。2018年に二階堂ふみ、吉沢亮主演で実写映画化。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

門脇麦  愛の渦

門脇麦さんの女優魂が濡れ場というシーンで炸裂です。
普段は無口で地味な女子大生が乱交パーティーという特殊な状況で自らをさらけ出します。
その過激なベッドシーンを門脇麦さんが体当たり演技しました。

『愛の渦』(あいのうず)は、三浦大輔による日本の戯曲。劇団「ポツドール」を主宰する劇作家・演出家の三浦大輔による戯曲で、2005年にポツドールの第13回公演として初演された。翌年2006年に第50回岸田國士戯曲賞を受賞した(佃典彦『ぬけがら』との同時受賞)。
乱交パーティを目的に裏風俗店に集った見ず知らずの男女10人の本音が交わされる、性欲がテーマの会話劇である。
2009年に一部キャストを入れ替え、再演。2014年に映画化された。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

尾野真千子  真幸くあらば(まさきくあらば)

映画・ドラマ・CMで大活躍の尾野真千子さんが大胆な全裸姿を披露した作品。

『真幸くあらば』(まさきくあらば)は、小嵐九八郎による小説、またはそれを原作とする2010年1月9日公開の日本映画。認められることも触れ合うことも許されない二人が、期限付きの中で思いを紡ぐ、究極の純愛を描く。映画の公開を受けて江川達也が映画の前編となるスピンオフ漫画「真幸くあらば-終わりと始まりの夏-」を執筆した。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

真木よう子  さよなら渓谷

いろいろと話題の真木よう子さん。個人的には好きです。
その真木よう子さんが見せる赤裸々な欲求をさらけ出すシーンは圧倒的です。
「ベロニカは死ぬことにした」(2006年)も真木よう子ファンには必見です。

『さよなら渓谷』(さよならけいこく)は、吉田修一による日本の小説、およびそれを原作とする2013年の日本の映画。『週刊新潮』(新潮社)にて2007年7月26日号から同年12月27日号まで連載され、2008年6月に刊行された。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

沢尻エリカ  ヘルタースケルター

沢尻エリカさんが初のラブシーンに挑戦した作品。
生まれながらの美貌とスタイルに過激なラブシーンが加わったことで、興行的にも成功しました。

『ヘルタースケルター』は、岡崎京子による日本の漫画。1996年まで、祥伝社の『FEEL YOUNG』に連載されていた。ストーリーは未完。2012年に実写映画化され、7月14日より上映された。2012年7月14日に公開された日本映画。R15+指定。主演の沢尻エリカの5年ぶりの映画出演となった。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

蒼井優  彼女がその名を知らない鳥たち

蒼井優さんと松坂桃李さんとのカラミが、こちらも蒼井優さんならではの女優魂が出て、いやらしいくらい官能的です。

『彼女がその名を知らない鳥たち』(かのじょがそのなをしらないとりたち)は、沼田まほかるのミステリー小説。2006年10月1日に幻冬舎より刊行された。2017年に映画化された。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

寺島しのぶ  ヴァイブレータ

寺島しのぶさんが、アルコール中毒、不眠、嘔吐に苦しむ30近い女性役を演じてます。
行きずりのトラック運転手との愛欲のシーンも含め、作品は高い評価を得てます。
その相手役であるトラック運転手は大森南朋さんで、2003年作品だけあって若い!

2003年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、『ヴァイブレータ』では東京国際映画祭女優賞を受賞。2010年には、『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した。
ウィキペディアより引用

スポンサーリンク

映画関係の記事もどうぞ

視聴結果報告:「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を楽天TVで鑑賞


動画配信サービス「楽天TV」「SW最後のジェダイ」で再生速度・画質・通信料を検証してみた

映画っていいですね。あの美しき女優たちの大胆なラブシーンを描いた映画8選、楽しんでいただけたでしょうか。それではまた!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で