JGC(JALグローバルクラブ)仕様にもカスタマイズした「JALカードSUICA」が最強カードである個人的な理由はこちら!

スポンサーリンク
JALカードSUICAが最強カードである個人的な理由はこちら!これからクレカを作る人にも最強の公共交通機関系カード

JALカードSUICAが最強カードである個人的な理由はこちら!これからクレカを作る人にも最強の公共交通機関系カード

公共交通機関系を利用されている方、通勤や通学でJR等の鉄道系、電車やバスをご利用なさっている方、もうそれだけでおススメできる万能系のカードです。

さらに言えば、JALでマイレージを貯めている方、もうJALカードSUICAで決定といってよいでしょう。

JALカードSUICAが僕にとって最強カードである個人的な理由はこちらです。
JGC(JALグローバルクラブ)にカスタマイズも施しているので、名実ともに個人最強カードとなっています。

・SUICAの圧倒的な利便性
・SUICAオートチャージ設定で1.5%ポイント付与
・JALマイレージも貯めることができます

順を追って説明しましょう。

スポンサーリンク

SUICAの圧倒的な利便性

SUICA機能がついているため、全国の交通系で利用できます。

関東圏のみならず、静岡でも、福岡でも、大阪でも、全国ほぼどこでも交通関係の決済に使えます。

鉄道・地下鉄のみならず、売店でも自動販売機でもキャッシュレスで使えますので便利この上ないです。

駅構内・駅周辺の支払いのみならず、駅から離れても、コンビニでもスーパーでも、SUICAで支払いができます。(使えないところもたまにあります)

SUICAのおかげでキャッシュレス決済が簡単に実行できてます。

●コンビニ:セブン、ファミマ、ローソン、その他
●スーパー:イオン、まいばすけっと、マルエツ、イトーヨーカドー、ドン・キホーテ、その他
●駅ビル:ほぼ全店
●レストラン:いきなりステーキ、コメダ、ジョナソン、マック、ロイヤル、その他
●コーヒー:タリーズ、ドトール、コメダ、その他

使えるお店をラインアップしましたが、日々の日常にはまったく困りませんね。

圧倒的な利便性を誇る、といっても過言ではありません。

スポンサーリンク

SUICAオートチャージ設定で1.5%ポイント付与

さらにおいいしいところは、SUICAチャージのさいに、JALカードSUICAのクレジットカードによるオートチャージに自動設定しているため、JRE POINT(JREポイント)が、何もせずに現金チャージするよりも、3倍ポイントを貯めることができます。

現金でスイカチャージが、0.5%ポイント付与。
これに対し、JALカードSUICAのクレジットカードによるオートチャージでは、1.5%ポイント付与となります。

カード系で1%超えれば、高還元と言ってもよいでしょう。

お店の支払いをSUICAで支払
↓↑
クレカでSUICAチャージ

この自動循環だけで自動で1.5%割引を受けられるのです。

スポンサーリンク

JALマイレージも貯めることができます

このカードの名前が JALカードSUICA であることから、鉄道系のみならず飛行機系でも威力を発揮することができます。

出張や旅行で、鉄道系だけではなく飛行機も使う方にとっても、JALカードSUICAは最強なのです。

僕の場合は、JALを最優先で使ってますので、同時にマイルも貯めることができます。

・その年の初回搭乗ボーナスマイルがつきます:JGC会員ボーナス3000+JALカード毎年初回搭乗ボーナス2000マイル=合計5000マイルつきます
・飛行機に搭乗するたびにボーナスマイルがつきます:割増しでマイルが別につきます
スポンサーリンク

ご自身の使い勝手に最適なカード選択が一番大切

あくまでご自身の使い勝手に最適なカードを選択しましょう。

僕にとっては、JALも利用しているので、たまたまJALカードSUICAが最強カードだったにすぎません。

※JGC(JALグローバルクラブ)仕様にもカスタマイズしてしまいました。

だいたい大手のカードは出そろっており、ネットで検索すれば特徴やらキャンペーンやら出てますんで、自力で調査しても間違いはありません。

長く使ってお得になる、あなたにとって最強カードに出会いましょう。

スポンサーリンク

JGC(JALグローバルクラブ)入会の経緯やメリット詳細はこちら

JGC(JALグローバルクラブ)のメリットと入会条件、どうやって入る?に詳細をお伝えしましたので、どうぞご参考にしてください。

 

JGC(JALグローバルクラブ)維持継続のため、クレジットカード年会費(10,800円)を払う必要があります。

ただ、空港での優先チェックイン・空港ラウンジの利用・ボーナスマイル・保険等の特典で、会費の倍以上のメリットを享受していますので年会費はデメリットになっておりません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で