メガネから遠近コンタクトへの検討レポート 「1日使い捨て」から始め、経過が良ければ「2週間使い捨て」で本格使用!

スポンサーリンク
メガネから遠近コンタクトへの検討レポート 「1日使い捨て」から始め、経過が良ければ「2週間使い捨て」で本格使用!

メガネから遠近コンタクトへの検討レポート

5年くらい前からメガネに切替えましたが、そのメガネが煩わしい!!

遠近コンタクトを使っている知人(50歳代)のオススメもあって、実際に使って問題なさそうなら遠近コンタクトも有りかなと。

まずは「1日使い捨て遠近両用コンタクトレンズ」から使い始め、経過が良ければ「2週間使い捨て遠近両用コンタクトレンズ」で本格使用というステップを踏みたいと思います。

そういうことで僕と似た状況の方のために、メガネから遠近コンタクトへの検討レポート 「1日使い捨て」から始め、経過が良ければ「2週間使い捨て」で本格使用!をお送りします。

次回は実際に購入した使用結果をご報告しようと思います。

スポンサーリンク

遠近両用コンタクトに切り替えたいという理由

今はメガネをメインに使用ですが、もともと30年間以上コンタクトレンズを使ってました。

ドライアイと年のせいの老眼と近眼でコンタクトが合わなくなり、5年くらい前からメガネに切替えました。

最近そのメガネ着用なのですが、妙に鬱陶しく、煩わしく感じるようになってきているのです。

特に長時間のメガネ着用は鼻があたっているところが、じんわり痛くなってきます。

そういうわけでコンタクト、しかも遠近両用コンタクトに再度切り替えようかと検討中です。

最近では遠近両用のコンタクトレンズも良くなったと聴きましたし、遠近コンタクトを使っている知人(50歳代)の推奨もあって、使用して問題なさそうなら遠近コンタクトも有りかなと思いました。

1ヶ月ほど使った結果で良好ならば、遠近コンタクトを使うことに決めようと思います。

ただ、年齢的なところあるし、ドライアイなので、コンタクトが合うか不安な面もありです。

スポンサーリンク

遠近両用コンタクト 種類

コンタクトレンズにはいろいろな種類があります。

・1日使い捨て
・2週間使い捨て
・1ヶ月使い捨て
・ソフトレンズ
・ハードレンズ

■僕は昔から「1日使い捨て」を使っていたので今回も「1日使い捨て」を考えてますが、ただ「1日使い捨て」は高い! 経済性という点で「2週間使い捨て」は大いに有りです。

■1ヶ月使い捨ては、衛生面から僕の考えですが、対象から外します。

■ソフトとハードについてですが、もともと30年間以上コンタクトレンズを使っていた経験から、ソフトレンズやハードレンズは毎日消毒をする必要あり、またケア製品も必要となり携帯性に難があります。したがってソフトとハードは対象から外れます。

・1日使い捨て
・2週間使い捨て

この2択です。

スポンサーリンク

遠近両用コンタクト 価格比較

2週間使い捨て 6枚 1箱4500円(仮)

2週間使い捨て遠近両用コンタクトレンズの場合、6枚入りで1箱4500円(仮)とします。

左右両眼を買うと2箱で9000円。

これは3ヶ月間に両眼にかかる金額です。

3ヶ月=90日としますと、1日あたり9000/90=100円/日となります。

ひと月当り左右両眼で3000円/月です。

1日使い捨て 30枚 1箱3000円(仮)

1日使い捨て遠近両用コンタクトレンズの場合、30枚入りで1箱3000円(仮)とします。

左右両眼を買うと2箱で6000円。

これは1ヶ月間に両眼にかかる金額です。

1ヶ月=30日としますと、1日あたり6000/30=200円/日となります。

ひと月当り左右両眼で6000円/月です。

■分かりやすく比較したいため価格は概略にしてます。コンタクトもピンからキリまでありますが、大体の市場価格としときましょう。

2週間使い捨てと1日使い捨てとでは、約2倍のコストがかかるのが分かりました。

2週間使い捨て遠近コンタクトなら3000円/月、そんなに経済的な負担は感じません。

それに毎日コンタクトレンズを使うわけではありませんので、コストは上記より低コストになるはずです。

ということで、まずは本当に自分に合うのかを見極めるため、1日使い捨て遠近両用コンタクトレンズ30枚入りから始め、これでOKならば、2週間使い捨て遠近両用コンタクトレンズに代えていこう、そういう計画で進めたいと思います。

スポンサーリンク

遠近両用コンタクト 眼科の処方箋が必要

メガネから遠近コンタクトへの検討レポート 「1日使い捨て」から始め、経過が良ければ「2週間使い捨て」で本格使用!

「1日使い捨て」から始め、経過が良ければ「2週間使い捨て」で本格使用!

遠近両用コンタクトを購入するにあたり昔は眼科に行く必要がありましたが、今でも眼科発行のコンタクトレンズ処方(指示書等)が必要のようです。

今は技術が進み、メガネと同じように、町のコンタクト屋さんに行けば即入手できると勝手に思ってました(爆)

コンタクトをやってた時は楽天市場の最安値で処方箋無しで買ってましたが。

眼科で処方箋を入手する前に診断結果が不安

眼科で処方箋を入手する前の、診断結果が不安です。

なんせ30年間コンタクトを使ってきました。角膜が弱ってると思いますし、加齢の影響もあるでしょう。

そもそもコンタクト使用がOKになるか?

検証のため「1日使い捨て」を購入

最初は本当に僕の目に合うかを検証するために一番安い「1日使い捨て」を購入します。

【重要】遠近コンタクトは使える!となれば、コスト低減のため「2週間使い捨て」に切り替える計画なので、「1日使い捨て」と「2週間使い捨て」の両方をもっている銘柄にする必要もあります。

スポンサーリンク

遠近コンタクト 決めるチェックポイント

生まれて初めての遠近両用コンタクトレンズです。

最初は違和感ありありと予想してます。

なんせレンズの中心部は遠くを見るゾーン、その周辺の部分は近くを見るゾーンに分かれてます。

1週間ほど使ってみて、違和感は慣れとともに減ってくるのでしょうか?

通勤、スマホ、パソコン、テレビ、食事、シャワー、、、日常での使用感はどうだろうか、そんなに悪くなければ、メガネと併用して使ってみようと思います。

実際に使ってみたときの遠近コンタクトのチェックポイントをあげたいと思います。

【遠近コンタクトのチェックポイント
■視界が開けて、爽快感があるか?
■メガネ着用の煩わしさからの開放感があるか?
■遠く見るときの目の中心部で見つめる感覚はどうか?
■スマホを見るときの感覚はどうか?
■パソコンを見るときの感覚はどうか?
■目が疲れないか? 体調にもよるが1日何時間くらい着用できるか?

まずは購入した30日間分を使い切ってみます。

スポンサーリンク

遠近コンタクト 合うかな?

「1日使い捨て遠近両用コンタクトレンズ30枚入り」から使い始め、経過が良ければ「2週間使い捨て遠近両用コンタクトレンズ」で本格使用というステップを踏みたいと思います。

まずは検討内容をレポートしました。

次は実際に購入した結果をご報告しようと思います。

お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で