2019/02/170 Shares

嫌がらせ・煽り運転対策の3ステップ ドライブレコーダーのステッカー・設置・特約 しっかり解説します!

スポンサーリンク
嫌がらせ・煽り運転対策の3ステップ ドライブレコーダーのステッカー・設置・特約 しっかり解説します!

嫌がらせ・煽り運転対策の3ステップ ドライブレコーダーのステッカー・設置・特約 しっかり解説!

連日のようにニュースで報じられている嫌がらせ・煽り運転。

今はドライブレコーダーやスマホで動画を撮影していますので、状況が手に取るように分かります。

本当に怖い嫌がらせ・煽り運転。(加害者って人間ですか?)

僕は幸い今までそんなことはありませんでしたが、いつ被害に遭うか分かりません。

といって、いまだ嫌がらせ・煽り運転に対する対策を講じていません(汗)

これは至急対応をして安全で安心な運転へもっていきたい、しかしどこから手を付けていいのやら?

そういう訳で嫌がらせ・煽り運転対策を調査しまして、今後の嫌がらせ・煽り運転対策をまとめましたのでお役に立てればと思います。

それでは「 嫌がらせ・煽り運転対策の3ステップ ドライブレコーダーのステッカー・設置・特約 しっかり解説します 」どうぞ!

スポンサーリンク

その1 ドライブレコーダーのステッカー

あおり運転対策の3ステップ ドライブレコーダーのステッカー・設置・特約 しっかり解説します!

ドライブレコーダーのステッカー:上図はオンサプライ社製・嫌がらせ・煽り運転の抑止・警告に効果を発揮

ドライブレコーダーを取りつけていることを示すステッカーを貼っておきましょう。

実際には設置してなくても抑止力にはなるはずです。

ダミーカメラ効果UPのためにドラレコを付けてなくても、ドライブレコーダー設置を示すステッカー(シール)を車に貼りましょう。

一番経済的、 ローコストで狙わせない高い威嚇力をもち、嫌がらせ・煽り運転の抑止・警告に効果を発揮します。

上の画像の商品はアマゾンで798円でした。
(オンサプライ(On SUPPLY) 社製:煽り運転防止ステッカー (前後方撮影中 ドライブレコーダー撮影中) 接近注意)

ほかにもいろいろと種類があり、500円とか800円とかで対策できてしまうのが非常に大きい、財布に優しい。

休日イエローハットに行って、すぐに貼ります。

スポンサーリンク

その2 ドライブレコーダーの設置

あおり運転対策の3ステップ ドライブレコーダーのステッカー・設置・特約 しっかり解説します!

ドライブレコーダーの設置:上図はデュアルドライブレコーダー MUSON(ムソン)

実際にドライブレコーダーを取り付けます。

犯罪に効果的なドライブレコーダー仕様というのがありますので、専門店であるイエローハットさんとかオートバックスさんへ行って、店員さんと相談したほうがいいです。
車の種類によっても選ぶポイントがあるようです。

ヒアリングした結果、ドラレコ仕様(スペック)で考慮すべきポイントはこちらです。

■画質
最低でも200万画素は欲しいです。
とうぜん画素数が低ければ安価になりますが、肝心の犯人の顔や車のナンバーが分からないと意味がありません。
200万画素以上にしましょう。

■前方後方撮影
前方でも後方でもやられます。
特にあおり運転など後ろを撮影していないと、こちらも意味がありません。

■画角
撮影する角度です。
広範囲になればなるほど相手の威嚇が撮影されますので効果的です。
110度以上と教(おそ)わりました。

■駐車監視
その名の通り駐車しているときの撮影機能です。
自分の家の駐車中、外出中の駐車中、そんなときにもいたずらや、当て逃げが発生します。

以上、画質・前方後方撮影・画角・駐車監視と最低でも4つのポイントをあげましたが、車種や状況に合わせてドライブレコーダーを選択しましょう。

車専門店のイエローハットさんとかオートバックスさんでも良いですし、最寄りのメーカー(トヨタや日産)販売店などへの相談もできます。

車種によってはメーカー純正しか取り付けられない場合もあるので注意が必要です。
うちの車は、ドラレコを買う気満々で行ったイエローハットさんから断られました(爆)
これは本当の話で、別に特殊な車両ではありません(笑)
この話は別の記事で詳述します。

スポンサーリンク

その3 ドライブレコーダーの特約

ドライブレコーダー特約 損保ジャパン日本興亜

ドライブレコーダー特約 損保ジャパン日本興亜

ドライブレコーダーのステッカー・設置ときて、最後に車の損害保険会社が出しているドライブレコーダー特約です。

ドライブレコーダーのステッカー・設置でも十分対策がとられている思いますが、ドライブレコーダー特約はダメ押しといったところでしょうか!?

嫌がらせ・煽り運転対策としてドライブレコーダー特約を調べてみました。

■損保ジャパン日本興亜


月額850円から、ドライブレコーダー貸与もあり。
現在入っている自動車保険に追加加入できます。

免許を取得したばかりの方、加齢による運転技術の衰えが気になる方など、運転に不安はあるけれど、仕事や生活上の理由でクルマが手放せない方も多いはず。また、特に問題は感じていないけれど、ご自身の運転技術を客観的に見るとどうなんだろうと気になる方もいるでしょう。「DRIVING!」はそんなあなたのために、運転中のサポートと、運転後のメンテナンスで安全運転の好循環を作り出します。さらに、もしもの事故時も安心の機能を兼ね備えた、安全なカーライフ楽しむためのサービスです。
出典:DRIVING!(ドライビング!) 損保ジャパン日本興亜

■東京海上日動


こちらは月額650円からです。

事故時の安心から、日常の安全運転サポートまでお客様のさらなる安心・安全なカーライフを実現。
ドライブレコーダーが強い衝撃を検知すると、自動で事故受付センターに連絡、状況に応じて救急車の手配などの事故対応を行います。
出典:ドライブエージェント パーソナル 東京海上日動

僕は現在、損保ジャパン日本興亜に加入しているので、こちらを少し詳しく書きました。
それぞれの保険会社公式ホームページへのリンク先も示しましたのでご参照して下さい。

ドライブレコーダー特約ですが、調べるとこんなにあるんだというのが素直な感想です。
三井住友海上さん、あいおいニッセイ同和さん、、、。

愛車へのドライブレコーダー設置がまだなので、ドライブレコーダー特約については設置後考えてみます。

スポンサーリンク

嫌がらせ・煽り運転対策まとめ

嫌がらせ・煽り運転対策の3ステップ
■ドライブレコーダーのステッカー
■ドライブレコーダーの設置
■ドライブレコーダーの特約

自動車がないと生活できないところに住んでますので車は必要不可欠です。

大都会以外は自動車必須ですよね。

車社会で自分がどんなに頑張っても事故は起こりえますが、最近は大問題の嫌がらせ・煽り運転への対策も取らないといけません。

万が一に対して上記3つの対策がお役に立てれば幸甚です。

スポンサーリンク

あわせて読んでください自動車過去記事

自動車関係の過去記事です。

今後、ドライブレコーダー関連記事も随時追加していきますのでお役に立てば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で