ブログ運営者が知っておきたい「違法ダウンロード対象拡大」問題への対応 文化庁の著作権法の改正案についての個人意見

スポンサーリンク
ブログ運営者が知っておきたい「違法ダウンロード対象拡大」問題への対応 文化庁の著作権法の改正案についての個人意見

ブログ運営者が知っておきたい「違法ダウンロード対象拡大」問題への対応

ブログ運営者が知っておきたい「違法ダウンロード対象拡大」問題への対応について個人的見解を述べたいと思います。

ブログをやっていると必ず画像、動画、SNS引用、などなどブログ記事に埋め込む場合があります。

その行為が法律に抵触した場合、知らない、認識していない、そういう場合でも、訴えられる可能性があるということです。

これは普通に真面目にブログをやっている人には怖い問題です。

文化庁の審議会で検討されている著作権法の改正案ですが、それ自体が非常に曖昧(あいまい)で、ブログ運営者に混乱を生み出すものばかりです。

今後いっそうの議論が沸き起こることは必須です。

そこで、僕個人の意見ではありますが、現時点のの仕方について述べたいと思います。

ブログ運営者が知っておきたい「違法ダウンロード対象拡大」問題への対応 文化庁の著作権法の改正案についての個人意見、始めたいと思います。

スポンサーリンク

違法ダウンロードとは?

著作権のあるコンテンツを違法にアップロードする行為は犯罪です。

違法アップロードは犯罪行為、これは誰にでもわかる範疇です。

本来はこちらの違法アップロード犯罪者側を厳しく取り締まるべきなのです。

話を元に戻すと、その直接侵害者(つまり明らかな犯罪者)が著作物等をアップロードしました。

その違法コンテンツをダウンロードする行為を違法ダウンロードいいます。

言い換えると、違法ダウンロードとは「違法にアップロードされたことを知りながら、インターネット上にあるコンテンツをダウンロードする行為」です。

ダウンロードした利用者も対象となります。

ここでいう「ダウンロード」はスクリーンショットするだけの行為も含まれますので、そうとう恐ろしい法案です。

ブログ運営者の多くの方がやっている行為ですね。

また「違法にアップロードされたことを知りながら」をどうやって取り締まるのか?

ほんと突っ込みどころ満載ですが。。。

スポンサーリンク

違法ダウンロード対象拡大とは?

従来は、違法にダウンロードされたコンテンツ(著作物等)を複製または視聴する行為に限定されてました。

その対象が拡大され、下記についても抵触するようになりました。

■「Twitter上にあるコラージュ画像を保存するのは違法」
■「ゲーム実況プレイ動画のスクリーンショットも違法」

そういう二次創作も、著作権が侵害された行為の対象として拡大したということです。

その対象は、映画、音楽、漫画、論文、静止画、テキスト、など著作物一般が対象となります。

その行為は、有償で提供される映像や音楽ファイルをダウンロード、日常的に行っているスクリーンショット、などの行為もダウンロードの対象となります。

公式で配信されているイラストや写真などのキャプチャは問題ないとの見解もあります。

しかしこの問題、完全にブラックから、違法か合法なのかのグレーゾーンまで、行為対象が非常に幅広く、どこまで行っていいのか判断に迷います。

スポンサーリンク

個人ブログ運営者の注意事項

ここからは個人的見解ですが、ブログ運営者が留意すべきことをあげます。

■コラージュ画像は使用しない

■Twitter上の二次作成ツイートをブログに埋め込む行為をしない
⇒ 公式ツイートだけをブログに埋め込む
2次引用(複製・加工)されたツイートは埋め込まない。

■YouTube上の二次作成コンテンツをブログに埋め込む行為をしない
⇒ 公式YouTubeだけをブログに埋め込む
2次引用(複製・加工)されたYouTubeは埋め込まない。

■著作権フリーの画像・動画を使用する

だいたい上記が基本になるかなと個人的に思ってます。
ただし以上の行為でさえ、法に抵触する可能性があります。
特にフリー素材の利用です。

著作権と「引用」との境界も難しい。

スポンサーリンク

グチというまとめ

合法と違法の境界が引きにくいなかでのブログ運営対応が難しいですね。

怖いのは、違法ではないという認識にもかかわらず、結果的に違法行為に及んだときですね。

正当・合法であるという行為が実は違法行為であったときです。

刑事罰の対象になり、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が科されます。

正直、明確なラインは誰にも分かりません。

「君子危うきに近寄らず」が最善のスタンスかもしれません。

会社にいるとコンプライアンス遵守から従業員に対して教育を実施していますが、そこで必ずある教訓が「法律を知らなかったではすみません」という常套句です。

インターネットの世界でも知らなかったではすまない世界が拡大してます。

何もしないことが最上のリスク対策、正直者が馬鹿を見る、そんな世の中であってはなりません。

文化庁のご判断、本末転倒ではないでしょうか?

拙速すぎやしませんか?

日本の閉そく感を映し出したような状況、少しせちがらくなっているような気がします。

スポンサーリンク

あわせて読んでください著作権と引用についての記事

明日に向かって歩け!
 
明日に向かって歩け!
https://ttb100.net/5649.html
【明日に向かって歩け!】人生は楽しく、生涯現役・人生100年時代のライフスタイルを発信してます。

▲こちらは文化庁の審議会で検討されている著作権法の改正案のページです。読む気をなくしますがご参考ということで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で