0 Shares

これは知らなかった! iPhone アイフォンの音声入力でスペース(空白)をどう入れるか? よく使う音声入力まとめ

スポンサーリンク
これは知らなかった! iPhone アイフォンの音声入力でスペース(空白)をどう入れるか? よく使う音声入力まとめ

これは知らなかった! iPhone アイフォンの音声入力でスペース(空白)をどう入れるか? よく使う音声入力まとめ

アイフォン歴、もう10年くらいになりますが、今さらながらこれは知らなかったアイフォン技の音声入力、スペース(空白)をどう入れるか?

SNSやメモ帳を使っているとき、タイピングして手入力すると打ち違いなんかでけっこうストレスがたまります。

僕が、というか多くの人がやっているアイフォン音声入力。

iPhone アイフォンの音声入力のスペース(空白)がアップル公式ホームページにも載っていません。

答えは「タブキー」と発声すればスペース(空白)ができます。

これは知らなかった、iPhone アイフォン音声入力によるスペース入力、「これどう入れるんだっけ」音声入力一覧、まとめました。

スポンサーリンク

文字入力三段活用

アイフォンの文字入力するのに3つ段階があります。

(1)キーボードを叩いて文字を決定、入力する方法
(2)指をスライドさせて文字を決定、入力する方法
   ⇒ こちらをフリック入力といいます。
(3)音声入力

(1)キーボードを叩いて文字を決定、入力する方法
「お」を入力するとき、「あ」を5回たたきます。

(2)指をスライドさせるフリック入力
「お」を入力するとき、「あ」を長押しすると「お」が出て「お」を選択します。

(3)音声入力
キーボードのマイクボテンを押すと音声入力が始まり「お」と発声します。

(3)音声入力が最も早く楽なのですが、周りに人がいる場合などはやりづらいです。

ケースバイケースで(2)フリック入力も活用しましょう。

スポンサーリンク

音声入力のApple公式ホームページ

Apple公式ホームページのこちらが役に立ちます。

 

iPhoneの音声入力でスペース(空白)を入れる方法については書いておりません(汗)

次がその回答となります。

スポンサーリンク

iPhone音声入力でスペース(空白)を入れる方法

これは知らなかった! iPhone アイフォンの音声入力でスペース(空白)をどう入れるか? よく使う音声入力まとめ

これは知らなかった! iPhone アイフォンの音声入力でスペース(空白)をどう入れるか? よく使う音声入力まとめ

答えは「タブキー」と発声すればスペース(空白)ができます。

恥ずかしながら、ずいぶん長い間、音声入力した後、手で再調整していました。

知っているか知らないかの世界です。

ぜひ音声入力ご活用ください。

スポンサーリンク

「これどう入れるんだっけ」音声入力まとめ

音声入力なのでたいていが発声することで入力できますが、ときどき「これどう入れるんだっけ」というものが出てきます。

スペース(空白)がそうですね。

そんな「これどう入れるんだっけ音声入力まとめ」でさらなるご活用をはかってください。

スペース(空白) タブキー
てん
まる
改行 改行
かぎかっこ
かぎかっこ閉じる
かっこ
かっこ閉じる
なかぐろ
ビックリマーク

その他はそのまま発声すればうまくいくはずです。

?はクエスチョンとかですね。

自分の発音の活舌や噛みで、100%思い通りの音声入力にはなりませんので、あとは手で調整すればよいです。

これだけでも文字入力のスピードは格段に上がります。

スポンサーリンク

デバイス関連過去記事

普段使っているスマホ文字入力にもこんな奥深い世界が広がっているのですね。
上の音声入力のリストも、時間が経過すると変更になったものも出ています。
ときどき上の音声入力リストを改訂します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で