DNA分析システム・遺伝子系図学・DNAプロファイリング:30年間未解決事件(コールドケース)をたった3ヶ月で犯人逮捕

スポンサーリンク
DNA分析システム・遺伝子系図学・DNAプロファイリング:30年間未解決事件(コールドケース)をたった3ヶ月で解決した最新の手法と技術

DNA分析システム・遺伝子系図学・DNAプロファイリング:30年間未解決事件(コールドケース)を3ヶ月で解決

テレビ【ありえへん∞世界】(毎週火曜夜6:55)で取り上げられたアメリカの幼女誘拐殺人事件、1988年インディアナ州でエイプリル・ティンズリーちゃん(8歳)が誘拐・殺害され30年間暗礁に乗り上がった、いわゆる未解決事件:コールドケース30年後に最新の手法と技術によってわずか3ヶ月で犯人逮捕の解決をしたという内容でした。

30年もの間未解決だった事件(コールドケース)をたったの3ヶ月で解決へと導いた驚愕の方法が「DNA分析システム」でした。

この「DNA分析システム」とは何か、どうやって犯人特定に至ったのでしょうか?

それでは「DNA分析システム・遺伝子系図学・DNAプロファイリング:30年間未解決事件(コールドケース)をたった3ヶ月で解決した最新の手法と技術」をどうぞ!

スポンサーリンク

DNA分析システム

以下の「DNA分析システム」という手法で犯人特定へと割り出していきました。

■犯人が現場で遺したDNAを解析しました。
■そのDNAの一部でも近いDNAを持つ祖先のルーツを西暦1800年ごろから割り出しました。(部分一致DNA)
■この時点では何千人もの人間が対象となりました。
■そこから、年齢、性別、場所などの条件でさらに絞り込みました
■少人数の対象人物(容疑者)を最終的に絞り出しました。
■捜査で DNAと完全一致する犯人を特定できました。(完全一致DNA)

この事件では容疑者は兄弟2人に最終的に絞られました。

そして弟(ジョン・D・ミラー(John D. Miller))が捨てたゴミの中から弟のDNAを採取し、30年前に犯人が現場で遺したDNAと完全一致と判明しました。(完全一致DNA)

ついに犯人ジョン・D・ミラー(John D. Miller)が逮捕されたのです。

スポンサーリンク

犯人特定に至った独自手法に驚愕

僕が驚嘆したのは、DNAの部分一致の対象者数千人から、DNAの完全一致の特定一人へと割り出した、その発想と手法です。

数千人から特定の一名へと辿り着く(たどりつく)独自手法に、不謹慎ながらもスリル感を味わいました。

そして30年前の容疑者2名とは全く別の人物が真犯人であったのです。

いくら容疑者であろうと簡単にDNAを採取させてくれないプライバシー保護の時代背景があったことも30年間未解決であった理由のひとつでした。

現代では法律が改正されDNAサンプル採取は条件付きで可能です。(条件付き:法令条例や国によって異なる)

スポンサーリンク

遺伝子系図学

この手法は、「遺伝子系図学」と呼ばれ、番組でもご本人で遺伝子系図研究者であるシシ・ムーア女史が登場してました。

番組では分かりやすい言葉で「DNA分析システム」という言葉が使われていましたが、「遺伝子系図学」や「DNAプロファイリング」とも呼ばれています。

この手法により、全米ではこれまで長年の未解決事件(コールドケース)が続々と解決していきました。

未解決事件(コールドケース)を解決へと導く犯罪の分野のみならず、親子や血縁の鑑定、作物や家畜の品種改良、戦争孤児が家族を見つけ出す、などの「遺伝子系図学」の活躍できる分野は無限に広がっていってます。

スポンサーリンク

人の残虐性という根源的な問題

30年越しに解決した警察側の執念の逮捕劇は感動的であり、また解決へと導いた「DNA分析システム」「遺伝子系図学」「DNAプロファイリング」という手法に驚愕と感嘆をしました。

アメリカではこの手法によって未解決事件(コールドケース)が多く解決されてます。

しかし、人はなぜおぞましい犯罪を犯すのかという根源的な課題は未解決のままで、人類が存在している限り、永遠の未解決事件といえます。

日本や世界で起こる絶え間ない事件で思う「なぜ人はあのようなことをやってしまうのか?」

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で