0 Shares

こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

スポンサーリンク
こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

僕のようなモノに執着のない人間からすれば、「こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達中」とのニュースを聞いて、驚きのひとことです。

「こんまり」というのは、近藤真理子さん(Marie Kondo)という方で、日本「こんまり」・海外「KonMari」と呼ばれてます。
米映像配信大手Netflixの番組で「片づけ術」を全米で指導して、一躍有名になった方です。

僕は、モノはバンバン捨てるし、人間関係にも執着しない、そんな人間からしてみれば、たかが片付けで4000万ドル(45億円)も資金が集められるなんて狂気の沙汰と思ってしまうのです。

アメリカ人って片付けが下手そうだな? 広大な土地に住んでいるのでスペースがありすぎてモノを捨てなくてもスペースに困らないのか? そんな考えがよぎります。

ということで、日本で大流行した現象が世界へ拡散しているのか、「片づけ術」とか「捨てる技術」とか「断捨離」など、ひとくくりで「捨てる技術」と言ってしまい、この「捨てる技術」の系譜を過去から辿っていきましょう。

それでは題して、「こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達」から「捨てる技術」「断捨離」「片づけ術」の系譜を過去から辿っていこう、お送りします。

スポンサーリンク

『 「捨てる!」技術 』

こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

著者 辰巳 渚(たつみ なぎさ)
2000年に発売

日本の「捨てる技術」「断捨離」「片付け」文化はここから始まった!

片づけ術から人生論へと昇華するエポックメイキング的な名著。

「とりあえず、とっておく」は禁句!

「“仮に”はだめ、“今”決める」から「後ろめたさのない捨て方」まで、 「捨てるという発想」の基本を具体的に教える現代日本のバイブル!

スポンサーリンク

『 片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 』

こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

著者 池田 暁子(いけだ きょうこ)
2007年に発売

私はこうして汚部屋から脱出した!
15万部突破のロングセラーお片づけコミックエッセイ!

手のつけられない汚部屋から、試行錯誤を繰り返し、
5つのステップを駆使して脱出する、お片づけコミックエッセイ!

「書いてあることはもっともだけど、それができれば苦労しない。」投げやりな気持ちを払拭してくれる、お片づけコミックエッセイ!

スポンサーリンク

『 人生を変える断捨離 』

こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

著者 やましたひでこ
2009年に発売

「断捨離 」の名言を生み出し、断捨離シリーズ関連本を連発しました。
『 新・片づけ術 断捨離 』

「モノを断ちガラクタを捨てれば執着も離れていく」
「不要なものを捨てれば大切なものが手に入る」

一世を風靡した「断捨離」、世界15カ国で翻訳され、流行語大賞にもノミネートされ、数々の栄誉をものにしました。

スポンサーリンク

『 人生がときめく片づけの魔法 』

こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

こんまり 4000万ドル(45億円)資金調達から、捨てる技術・断捨離・片づけ術の系譜を過去から辿っていこう

著者 近藤麻理恵(Marie Kondo こんまり Marie Kondo)
2011年に発売

「ときめくものだけ残しましょう」「ときめかないものは捨てよ」と説く。

こんまり氏は米映像配信大手Netflixの番組で独自の片づけ術を指南し、全米で大ブレークしました。

スポンサーリンク

なにか違和感を覚える「捨てる技術・断捨離・片づけ術」

捨てる技術・断捨離・片づけ術の共通点は全員が女性、全ての関連関係累計売上は天文学的数値に届くほど、、、
本屋に行けば玉石混交の片付けの本がうじゃうじゃ所狭しと平積みされているし。
ビッグビジネスなんですね。

そんなにみなさん片付けられないの??

僕は、モノはバンバン捨てるし、人間関係にも執着しません。

たとえば衣服類。
服は買うこともあまりなく、気に入らなければすぐ捨てます。
そのせいか、うちのタンスの中は妻の衣服が80%を占めています。
うちの嫁さんは僕と真逆で捨てられない性格なのです。
もったいないという気持ちもあるわけで、良いか悪いかは別にして。

人生100年時代、モノもコトもヒトも断捨離していかないと、要らないモノを引きづったまま人生終わるのも嫌だなと思うこの頃です。

スポンサーリンク

片付けと部屋の掃除に読んでもらいたい記事

 明日に向かって歩け! 
明日に向かって歩け!
https://ttb100.net/3146.html
【明日に向かって歩け!】人生は楽しく、生涯現役・人生100年時代のライフスタイルを発信してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で