朝食抜きの理想的な食事生活パターンを提唱! 頭脳を活発にし、ついでにダイエットも達成しよう!

スポンサーリンク
朝食抜きの理想的な食事生活パターンを提唱! 頭脳を活発にし、ついでにダイエットも達成しよう!

朝食抜きの理想的な食事生活パターンを提唱!

頭脳を活発にし、しかもダイエットを達成するために、朝食抜きの理想的生活パターンを構築し実行することを宣言します。

朝食抜きは体に悪いとも言われており、意識して朝の食事をとった日ありましたが、だいたい朝食をとると調子が出ません。

そんな中、AERA(2019年4月1日号)の「16時間の「空白」で腸もスッキリ」という記事を読んで、長年の朝食抜きの食事スタイルに自信と確信が持てました。

題して、「朝食抜きの理想的な食事生活パターンを提唱! 頭脳を活発にしダイエットを達成しよう」をどうぞ。

スポンサーリンク

朝食抜き生活パターンを実行したい理由

僕は長年50年以上、朝食抜きの生活が続いています。

朝は起床するとコーヒーを飲みます。

胃腸を活発にするためにヨーグルトを食べるときもあります。

朝食抜きだと、起床してから午後始めにかけて、頭がフル稼働してくれて頭脳労働には調子がいいです。

逆に、朝食を取り入れたり昼食を重くすると、起床からお昼の頭脳ゴールデンタイムやお昼以降夕方の時間帯に、頭脳パフォーマンスが下がる傾向にあります。

一方で、逆のパターンである「朝食を摂りましょう」は学会でも認められています。

名古屋大学の研究グループが発表しています。

ですが、人それぞれの特性や最適解があるのではないか、と思います。

AERA(2019年4月1日号)「16時間の「空白」で腸もスッキリ」記事には、プラスアルファの要素を取り入れて、ダイエットに取り組んだ経過と結果も書かれております。

その記事には、僕の生活パターンと多くの共通点が示されてました

ダイエットも実現できるパターンも組み込むことで、頭脳活発化に加えて、一石二鳥も期待できます。

そういうわけで、頭脳を活発・ダイエットを達成するために、朝食抜きの理想的生活パターンを構築し、実行したいと考えるに至った訳です。

スポンサーリンク

AERA記事と僕の生活パターンの共通点と理想的パターン

まずAERA記事の概要はこちらです。

■AERA(2019年4月1日号)「16時間の「空白」で腸もスッキリ」記事
・16時間の「空白」で腸もスッキリ
・41歳男性記者69.4キロ→64.9キロ/つらいのは2日/「朝ぬきは太る」の誤解

AERA記事の内容と、僕の現時点の生活パターンとの共通点は、朝食抜きであること、コーヒーを飲むこと、となっています。

■AERA記事と僕の共通の食事パターン
朝:起床 朝食は食べない、コーヒーを飲む ⇒ 会社でもコーヒーを飲む
昼:小食 ⇒ コーヒーで水分を取る、時々オヤツを食べるときもある
夕:好きなモノを好きなだけ食べる ⇒ たまに夜食を食べるときもある

コーヒー好きなのがよく分かります(笑)

■AERA記事と異なるところ・足りないところ
●朝起きたら水一杯飲む(水以外なら果物や野菜ジュースでもOK)
●午前中は500mlの水分を取る
●昼食は昨日の夕食から16時間以上空ける
●昼から夕方まで間食はしない
●寝る3時間前までに夕食をすます

とすれば、朝食を抜く、コーヒーを飲む、、、、こういう生活サイクルにすれば理想的な一日を過ごすことができ、かつ、ダイエットも達成できるのではないかと考えた次第です。

■AERA記事と僕のパターンを組み合わせた理想的パターン
朝:起床、朝食は食べずに水・果物・野菜・コーヒーを飲む
午前:水かコーヒーを飲み500mlの水分をとる
昼:腹八分目の昼食
午後:水分を取る、間食は取らない
夕:好きなモノを好きなだけ節度を持って食べる
夜:寝る前3時間は空ける、夜食は食べない

先ごろ引退したイチローさんのルーティーンみたいに習慣化できればいいです。

そう思いながらも、もう既に習慣化している項目(朝食抜きなど)が多く、「いけそう」な気がしてきます。

スポンサーリンク

「朝食抜きをすすめている」書籍

AMAZONで「朝食抜きをすすめている」本を調べるとこれだけあるのですね

朝食抜きの理想的生活パターンを提唱! 頭脳を活発にしダイエットを達成しよう!

AMAZONで「朝食抜きをすすめている」本

逆のパターンである、下記の「朝食抜きをすすめていない」書籍も多くあるわけで、健康・美容・ダイエットにまつわる説は、まさに玉石混交ですね。

結論は、いろいろと試してみて自分に最適な方法を取り入れる、ということではないのかな。

Google検索で「朝食抜かない AMAZON」と「朝食抜き AMAZON」で検索結果が同じ傾向になり、「朝食抜かない AMAZON」検索結果でも「朝食抜き」説が多く表示されます。これはなぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

「朝食抜きよろしくない」研究発表

前述の逆のパターンである「朝食を摂りましょう」は名古屋大学の研究グループが発表しています。

朝日新聞と名古屋大学のホームページはこちらです。
名古屋大学はPDFファイルです。

■朝日新聞デジタルの記事概要
「朝食抜き→体内時計乱れ→太る原因? 名大など解明」
・朝食を抜くと体重が増えるのは、体内時計のリズムの異常が原因で起こる
・朝食を抜くと、肥満や糖尿病などを引き起こす
・朝食を取ることは体内リズムの正常化に重要である
・生活習慣病の予防につながる

小田裕昭・名大准教授(時間栄養学)らの研究グループの発表内容です。

AERA(2019年4月1日号)「16時間の「空白」で腸もスッキリ」記事とは真逆の見解ですね。

僕の個人的意見ですが、たぶん同じことを言っていると思います。

「ある条件化ではそうなる」だけであって同じことを言っている。

ですから、個人個人でいえば生活習慣や食生活や遺伝的要素も異なる訳で、結局どこを採り入れるかによって傾向や結果は依存するということなんだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

朝食抜きの方にはこちらの食事生活サイクルで、頭脳を活発にしダイエットを達成しましょう。

■AERA記事と僕のパターンを組み合わせた理想的パターン
朝:起床、朝食は食べずに水・果物・野菜・コーヒーを飲む
午前:水かコーヒーを飲み500mlの水分をとる
昼:腹八分目の昼食
午後:水分を取る、間食は取らない
夕:好きなモノを好きなだけ節度を持って食べる
夜:寝る前3時間は空ける、夜食は食べない

誤解をしてほしくないのは、午前中から肉体を使うことがあるなら、朝食をぜひ摂りましょう。

上記のパターンが合う人の前提は、デスクワークが多い、朝食なしのほうが調子がいい、そういう人向けの提案です。

こういった健康・美容・ダイエットは人それぞれと思いますので、本記事ご参考になさって、目標を達成しましょう。

スポンサーリンク

あわせて読んでほしい記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で