2019/07/220 Shares

英語初心者向けユーチューブ「初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners」

スポンサーリンク
英会話 初心者向けユーチューブ動画なら「初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners」

英会話 初心者向けユーチューブ動画

英会話で初心者向けユーチューブ動画ならば、こちらの「初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners」をおすすめします。

令和の時代になったのだから英語勉強を再開、こじつけでも行動の契機になればOK。

こちらの記事で紹介した「初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners」
英会話の初心者向けユーチューブ動画を紹介、「ノン・パーフェクト・ペラペラ英会話」で行こう!

出会いはなにげなくYOUTUBEを視聴していたら、英語学習の動画もありまして、偶然見つけた Ito Hikaさん(カナダ人らしい)の動画がためになるなと思ったのが事の始まりです。

コンテンツはすばらしくこれで英語勉強再開しています。

ここでは、Ito Hikaさんの初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginnersを一部を紹介します。

それでは、英会話 初心者向けユーチューブ動画なら「初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners」どうぞ!

スポンサーリンク

Bizmates初級ビジネス英会話 Point 22 “expanding”


日本でもビジネスパーソン同士が久々会うと「景気はどう?」といった会話から始まった?りしますよね。
例えば、他の会社で働いている友人と久々に会い、”How’s your business?” 「仕事の調子はどうだい?」と聞かれた際に「順調に伸びているよ。」と伝えたい場合、あなたならどう言いますか?
「成長する」という表現から連想し、”It is growing up.”と言ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、”grow up” は人や動物に対して使う言葉ですので、「仕事」という無機物に対して使うと、不自然な?印象を与えてしまいます。
こうしたシチュエーションでは、ぜひ”expand” をつかって、”It’s expanding.”と言うようにしましょう。
スポンサーリンク

Bizmates初級ビジネス英会話 Point 21 “acquaintance”


人と人との関係性は、色々な付き合いを通じて徐々に深まっていくものですよね。
友人といえるほど仲良くはないけれどお互い顔見知りではある、といった関係性の人も多いのではないかと思います。
例えば、同僚から”Is he your friend?” 「彼は友人ですか?」と聞かれた際に「(ちょっとした)知り合いです。」と伝えたい場合、あなたならどう言?いますか?
適切な英語表現が思い浮かばないと、”Not friend, but I know him.”などと説明することになるかもしれません。
こうしたシチュエーションでは、”acquaintance” = 「知り合い、知人」という意味のワードをつかって、”He’s an acquaintance.”と言うようにしましょう。
スポンサーリンク

Bizmates初級ビジネス英会話 Point 20 “Let me get back to you.”


その場ですぐには回答できないシチュエーションってありますよね。
例えば、同僚から”Can you join our meeting next week?”「来週のミーティングに参加できますか?」
と言われた際に「(今は分からないので)あとで伝えるようます。」と伝えたい場合あなたならどう言いますか?
あまり英語に慣れてない人の場合、”I don’t know. I tell you later.”といった言い方が思い浮かんだかもしれません。
“I will tell you later.” と言うべきで文法的におかしい点もそうなのですが、そもそもナチュラルな答え方ではあ?りません。
こういう場面では、”Let me get back to you.”と言うようにしましょう。
スポンサーリンク

Bizmates初級ビジネス英会話 Point 16 “goes well with”


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第16弾は、”goes well with” です。
例えば、同僚がつけている新しいネクタイに対して「そのネクタイ、そのシャツによく似合ってるね。」
と言いたい場合、あなたならどう言いますか?
日本人はよく、似合っている状態を「マッチしているね。」と言うので、
“Your tie is match your shirt.” などといった英語が思い浮かんだかもしれません。
でも、この言い方では相手に意図がうまく伝わらないと思います。
日本人は「コーディネート」という単語もよく使いますが、 “Your coordination is good.”
といった言い方も、おそらく通じないでしょう。
こんなときには、”go well with” = 「?に似合う」という意味のフレーズをつかって、
“Your tie goes well with your shirt.” というようにしましょう。
スポンサーリンク

Bizmates初級ビジネス英会話 Point 15 “Can you give me a minute?”


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第15弾は、”Can you give me a minute?” です。
日本人は “please” を使うと丁寧な表現になると思っている人が多いです。
ただ “please”をつけていても、相手に選択する余地を含んだ言い方ではないため、
シ?チュエーションによっては、まるで命令しているようなニュアンスに
聞こえてしまう場合?があることは覚えておいてください。
例えば、社内でミーティングをしようとしているシチュエーションで
“Are you ready to start the meeting?” 「ミーティングを始めていいですか?」
と言われた際に、「もう少し待ってください。」と伝えたい場合、あなたならどういいますか?
ビジネス英会話に慣れていない人だと “Please wait.” といった言い方が思い浮かんだかもしれません。
ただ、これこそがまさに先ほどお伝えしたような、
命令しているかようなニュアンスで伝わっている状態といえます。
こうしたシチュエーションにおいては、 “Can you give me a minute?” と言うようにしましょう。
ビジネスに相応しいナチュラルな表現になります。
スポンサーリンク

Bizmates初級ビジネス英会話 Point 14 “Go ahead”


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第14弾は、”Go ahead” です。
今回のフレーズは、ナチュラルな感じで相手に「どうぞ」といいたいときに使えます。
例えば、会社の同僚から “Can I sit here?” 「ここに座ってもいい?」
と聞かれた際に「どうぞ。」と言いたい場合、あなたならどういいますか。
英語にあまり慣れていない人だと、 “Please. Please.” などと答えるかもしれません。
もちろん相手に意図は伝わります。
ただ同僚に対して “Please.” は、あまりナチュラルではないのと、
日本語では丁寧さを伝えるため「どうぞ、どうぞ。」と、
「どうぞ」を2回言ったりしますが、英語では “Please” を2回言う必要はありません。
こんなときにはシンプルに、 “Go ahead.” と言うようにしましょう。
スポンサーリンク

Bizmates初級ビジネス英会話 Point 13 “What do you do in your free time?”


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第13弾は、”What do you do in your free time?” です。
相手のことをもっとよく知ると、そこから話が膨らんだりして、
相手とさらによい関係を築くことができたりしますよね。
そういう意味で「時間があるときにはどんなことをしていますか?」と
聞くのは、ビジネスにおいても重要なコミュニケーションの一つといえます。
日本人はこうした場面で、”What is your hobby?” 「趣味はなんですか?」と聞く人は多いです。
ただ、これだとまるで教科書で使われるような表現に聞こえますし、
“hobby” は「テニスをする」とか「ピアノを弾く」といった行為を連想させるため、
“I usually just play with my daughter.” 「いつも娘と遊んでいるよ。」
といった答えを引き出しにくい質問の仕方になってしまっています。
こういうときには、 “What do you do in your free time?” というようにしましょう。
スポンサーリンク

Point 12 “How’s it going?” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第12弾は、”How’s it going?” です。
会社の同僚と出会った際に「元気?」と言いたいとき、多くの日本人は
“How are you?” と言うと思います。
学生時代、教科書によく出てきた言い方ですよね。
でも、この “How are you?” はとてもフォーマルな言い方なので、
会社の同僚には使うべきではありません。
日本語で言うと「お元気でしょうか?」と声をかけているような感じなのです。
より親しみがあるように声をかけるのであれば “How’s it going?” というようにしましょう。
スポンサーリンク

Point 11 “I’d love to, but I can’t.” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第11弾は、”I’d love to, but I can’t.” です。
相手から何かお誘いをされた際に、失礼のないようにお断りしたい場面ってありますよね?。
例えば、同僚から “Do you want to go for a beer after work?” 「仕事終わったらビール飲みに行かない?」
と言われた際に、「今日は行けないんだよね。」と伝えたい場合
日本人はこうした場面でよく、 “No thank you.” といいます。
“thank you”と伝えているため、失礼のない表現だと思うかもしれませんが、
相手がネイティブの場合は「私はあなたと一緒に行きたくないです。」
といったニュアンスで伝わってしまっているのです。
こんなときには、 “I’d love to, but I can’t.” と答えるようにしましょう。
スポンサーリンク

Point 10 “To the restroom” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第10弾は、”To the restroom” です。
「トイレ」は英語なのかどうか、知っていますか?
実は英語ではあるのですが、国によってはあまり使われない英語であるため、気を付ける?必要があります。
では例えば同僚から、”Where are you going?” 「どこに行くの?」
と聞かれた際に「トイレだよ。」と英語でどう伝えるのがよいのでしょうか。
日本人はよく “I’m going to the toilet.” などといいますが、
“toilet” はイギリスでは使われる英語ではあるものの、米国やカナダでは滅多に使われることはありません。
“toilet”は、国によってはやや汚い印象を与える表現になってしまうのです。
こんな時には、”restroom” をつかってシンプルに “To the restroom.” と言いましょう。
スポンサーリンク

Point 9 “What do you think of … ?” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第9弾は、”What do you think of … ?” です。
例えば同僚に対して、「このポスターについてどう思う?」と尋ねて相手の意見を聞きた?い時に、
あなたならどう言いますか?
「・・・についてどう思う?」を直訳する感覚から、”How do you think about this poster?”
と言う日本人は多いです。
でも、これは英語としては正しくない表現なのです。
正しくは、 “What do you think of this poster?” となります。
間違えないようにしてくださいね!

Point 8 “join” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第8弾は、”join” です。
社内の人から、”How long have you worked for this company?”
「この会社でどれくらい働いているの?」と聞かれることは多いと思います。
仮に「3年前に入社したよ。」と答えたい場合に
この「入社する」という意味を、あなたは英語でどう表現していますか?
よく「入社する」=「入る」というイメージから “I entered my company 3 years ago.”
という人がいますが、”enter”は主に「ビルに入る」、「レストランに入る」とい?った際に使うため、
ネイティブは違和感を感じます。
こんなときには、日本人にも馴染み深い”join” という英単語をつかって
“I joined my company 3 years ago.” というようにしましょう。

Point 7 “part-time worker” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第7弾は、”part-time worker” です。
日本人は、非正規雇用の従業員を「アルバイト」と呼んだりしますね。
でも、この「アルバイト」という言葉は英語では存在しません。
ドイツ語から派生した言葉なのです。
ですので、例えば会社の同僚が新しく入ったアルバイトの従業員を指して、
“Who is that new guy?” 「あの新しい男性は誰?」と聞かれた場合には、
“He is an arubaito.” などと言わないようにしてくださいね。
こんな時には、”part-time worker” をつかって、
“He’s a part-time worker.” と言いましょう。

Point 6 “Could you get that?” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第6弾は、”Could you get that?” です。
ちょっと手が外せないときに電話が鳴り、相手に電話をとってもらいたいときに使えるフ?レーズです。
日本人は「電話をとる」という表現をつかうため、こんなシチュエーションにおいて、
“Please catch the phone.” などと言う人がいます。
でもこの表現はジャパニーズイングリッシュのため、ネイティブにはうまく意味が伝わりません。
こんな時には、 “Could you get that?” 「電話にでてもらえますか?」というようにしましょう。

Point 5 “Do you have any weekend plans?” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第5弾は、”Do you have any weekend plans?” です。
金曜日に、気軽なノリで週末の予定を聞く際に使えます。
例えば、同僚に対して「週末は何するの?」と聞きたい場合、あなたならどう言いますか?
よく日本人は、 ”What will you do this weekend?” という言い方で週末の予定をたずねてきます。
でもこの言い方では相手がネイティブだと、
「週末の予定を聞いてくるなんて、何か仕事を振ってくるつもりなのかな?」
とやや身構えてしまいそうな印象を与えてしまっているのです。
こんなときには、より親しみのある、 “Do you have any weekend plans?” を使うようにしましょう。
早速今日からつかってみてください!

Point 4 “You bet I am.” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第4弾は、”You bet I am.” です。
相手に対し、やる気を示した受け答えをする際に使えるフレーズです。
例えば、これからミーティングを始めようとしている中で、進行役の人が
“Are you ready to start our meeting?” 「ミーティングを始められますか?」
と言った際に「はい、もちろんです!」と伝えたい場合あなたならどういいますか?
普通に答えるのであれば、 ”Yes, I am.” となるでしょう。
でもこれだと、あまり意気込みを感じない答え方になってしまいます。
「もちろん!」といった感じで、やる気がこもった意味合いを相手に伝えるのであれば、
“You bet I am.” と言うようにしましょう。

Point 3 “Do you have a minute?” 無料ビジネス英語学習


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第3弾は”Do you have a minute?” です。
相手に話しかける際に使える表現です。
例えば、仕事中の同僚に話しかけたい場合あなたならどう言いますか。
“Excuse me. Are you free now?”
といった言い方が思い浮かんだ人もいると思います。
これでも意味は通じますが、少しぎこちない印象になってしまいます。
こんな時には、 “Hika, do you have a minute?” 「ヒカ、今ちょっといい?」
と言うようにしましょう。
とてもナチュラルな表現になります!

Point 2 “Couldn’t be better.” 初級ビジネス英会話


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第2弾は、”Couldn’t be better” です。
例えば、同僚から”How are you doing?” 「元気ですか?」と言われた際に、多くの日本人は、
“I’m fine thank you. And you?”と答えます。
これはまさに教科書にでてくるような表現であり、ナチュラルな表現とはいえません。
ナチュラルな受け答えをするなら、 “Couldn’t be better. How about you?” 「絶好調です。あなたはどうですか?」
と言うようにしましょう。

Point 1 “anytime” 初級ビジネス英会話


初級者向けビジネス英会話 Bizmates for beginners 第1弾は、”anytime” です。
「ありがとう。」と言われた際に、日本人は決まって”You are welcome.” 「どういたしまして。」と答えがちです。
でも、この答え方はすごくフォーマルなので、仲のいい同僚などに対して使うべき表現ではありません。
よりカジュアルに「どういたしまして。」を伝えるのであれば、
“Anytime.” といいましょう!

おススメの英語学習コース

スタディサプリENGLISHの各種コースあります。ご参考にどうぞ。

スタディサプリENGLISH TOEIC(R)対策パーソナルコーチプラン

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)

スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

【スタディサプリ高校・大学 受験講座】受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し

【スタディサプリ小学・中学講座】スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

あわせて読みたい英語・英会話の記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で