プロフィール【本業あっての副業をやっている理由:生涯現役!】

テリーミヤマです。

私のプロフィール、本ブログのコンセプトについて語ります。

どうして、本ブログ「人生100年時代のワークスタイル【生涯現役、明日に向かって歩け!】」の名前にしたのかもお伝えできればと思ってます。

お手すきの時でもお読みになっていただければ幸甚でございます。

※2018年3月更新(2010年10月初稿以降、常時更新中です)

スポンサーリンク

管理人のテリーミヤマです

このブログを御照覧いただければお分かりのように、私は一企業に勤めるサラリーパーソンであります。
男性、年齢は50代後半です。会社からの指定もあり毎年人間ドックを受けています。見た目は中肉中背ですが、中身は高血圧、高コレステロール、メタボです(笑)。

私の勤務地は東京で、私の住居は関東圏内にあります。通勤時間は、ドアツードア往復(自宅ドア―会社机間)で5-6時間かかる長時間通勤だったのですが、さすがに通勤時間が負担になり、数年前に東京都某区にて単身赴任生活してます。通勤時間が激減しかなり楽になりました。

海外関係で2ケ月に1回の頻度で海外出張があります。国内出張も毎月数回です。管理職ではありますが、プレイングマネジャーとして、なんでもやらなくてはならない立場にあります。部下はいますが少数精鋭のため、部署内庶務関係もひとりで処理しております。要するに本職は、限られた時間の中、正業をこなしています。とても副業に多大な時間をかける時間もありませんし、精神的肉体的な余裕もあまりない状態であります。

私は、この日本の先行き不安定な景気と将来への不安と危機感で、正業とは別の収入源を構築することを考え実践してきております。おそらく皆様も同じように感じているのではないでしょうか?

2017.08.17追記 日本がかかえる借金論はいろいろと議論があり、債務だ債権だの、結論的には日本の国債だから問題ないが主流のようですが、、、まだ個人的には釈然としてません。借金は借金、返さなくてはならないものだからです。

これからのワークスタイル:生涯現役の時代に必ずなります!

必ずなる日本ならびに世界のこれからの社会の潮流はこうです。

日本では急速に少子高齢化が進んでいます。長寿化高齢化は日本だけでなく先進国でも進んでいる現象です。

日本では近い将来、確実に、年金は65歳支給開始から68歳もしくは70歳へ繰り上げされます。また税金は確実に高くなります。それに加えて、病気や災害のリスク。現在貯え(たくわえ)があったとしても、今後ますます老後破算のリスクは高くなる一方です。

人生100年時代は現在進行形のなか、どのような備えをしなければいけないのでしょうか?

私が会社員なので、会社員の視点から述べます。

会社員は60歳で定年、人によっては定年後も会社で仕事を継続する定年再雇用の人もいます。それでも65歳まで。多くの人はここでリタイアなんでしょう。まだまだ会社で働く人もいますが、多くの人がこれからの長い余生を過ごしていくことになります。

その時に、潤沢な老後資産はあるのでしょうか?

貯金と年金で悠々自適に過ごしたいと思っても、高率な税金負担・病気ケガ・災害という様々なリスクが周囲を覆っています。

まあ、あまり心配せずに「なるようになるさ」でどんと構えるのもありだと思いますが。

生涯にわたって楽しめる仕事があって、そこから収入が得られるのであれば、幸せな時間を送られるのではないでしょうか? 生涯を楽しめる仕事を生涯に渡って続けていくことが幸せな人生ではないでしょうか?

働くことで税金を納める、これは社会への恩返しでもあります。別に会社勤めしなくてもいいし、ボランティア活動で社会貢献でもいい。

生涯現役」が当たり前の社会になると私は思っています。

このような方々にお役にたてればと思います。

現在の日本の状況や問題をどう考えていますか?
地震が多発する国、 いまだ原発事故で苦しんでいる状態、5年で6人も首相が変わる政治不安定(現在は自民党政権になり長期安定と言われていますが)、絶対に避けられない超高齢化社会と少子化、5年前は経済不調・株安にもかかわらず超円高(いまはアベノミクスで円安・5年前と比較してバブル的な株高)、将来は年金が満足にもらえない財政状況、中高年も含めた全般的な給与の伸び悩み、定年後の再雇用の困難さ、膨大な国の借金(2060年には8100兆円の借金=一人当たり9600万円)、こう書いているだけで本当にうんざりします(苦笑)

ですから、体が元気なうちに、頭がまだ働いているうちに(ここ超大切!!)、時間とお金の投資をして、なんとか手をうつ必要があります。

・40代から50代の会社に雇われている方々
・国の借金を将来大きく負担する若い世代の方々
・子育ては終わりそうでこれからパートナーと楽しくすごしたい夫婦の方々
・今の日本国の危機感を保有している方々

このような方々に少しでもお役にたてればと思います。

私のネットビジネス履歴

仕事上から初め、ネット歴は、WINDOWS95のときからで、そのころはネット時代の到来(ITバブルです!見事に崩壊しました)という興味や、2000年ごろからの経済的危機感を感じ、アフィリエイト、オークション、FX、株、などなど、インターネットでできることはほとんどすべてやってきました。
(そのころのネットビジネスはなんでもありで、もっと深くのめり込んでいたら、独立していたかもしれません。。。逆に破滅もありえましたが。。)

正直な話、20年近くやっていく中で、濡れ手に粟状態や、詐欺に騙されやで、いろいろありました。
(現在は法規制などで、昔と比べればかなり法的に正常化されてますので、新規参入者にはすごく公正な状態です。
昔は、無法地帯でそりゃもうひどかったです。。 泣き寝入り状態。)

詐欺商材からの金銭的また時間的な損失、オークションでのトラブル、FX・株では大きな直接的金銭損失、PPCアフィリで大儲け、
ミクシー楽天アフィリエイトで大儲け、ヤフーオークション・楽天オークションで濡れ手に粟的な稼ぎ、などなど喜怒哀楽な経験を経てきまして、現在やっと安定した感があります。
(PPC・ミクシー・アドセンスなどそのころの手法は現在は全く使えません(断言))

しかし、その反面、会社のなかでのタイトル(肩書き)が上に上がるにつれ、ネットビジネスに割く時間が少なくなってきました。

FX・株が月によって運用成績に凸凹がありますが、平均して月トータルで3から10万というところでした。
FXでは、ユーロドルで日本円150万の被害をこうむってしまいました。
このときは家族には言えずこっそりローンを組みましたが現在は完済してます。

詐欺商材にあうと、こういう目に会いますが、あくまで自己責任です。
現在は、株は堅実な社内持株制度のみで運営しており、FXはリスクが大きく、年齢を考え、安定運営を優先し、FXは休止中です。

現在でアフィリエイトのみでの月純利益2から5万は、たいしたことないかもしれませんが、長時間通勤のため一日に副業作業にかかる時間は、数分から1時間、海外管理関係なので顧客との接待も多く、一日ゼロの日のほうが多いです。

休みの日は、長時間通勤と50代後半の年齢で、まず土曜日はぐったりで疲れをとり、(私の年齢くらいですと疲れが残って土曜はとても眠いですね!)しかも家族・ワンコとの付き合いもあり、(ペットブログからも収入をとってます。別の機会であなたにノウハウ差し上げます)休日は、副業時間はとれて、多くて5時間くらいです。

海外出張の期間は、持参のパソコンでホテルのネットからつないで、作業するときもあります。

しかし、
御経験のある方もいるかも知れませんが、海外で仕事に行ってますので、接待や逆接待などいろいろなことがあって、副業に時間を割くことや精神的な余裕をとるのは、海外ではなかなか困難な面があります。
しかし別な反面、ネットにつながっていれば、時間や場所の制約がないところがネットビジネスの大きな側面ではあります。
ここに副業している人のメリットもあったりします♪

ひとこと、現在でアフィリエイトのみでの月純利益2から5万はたいしたことないと書きましたが、理由は、税金対策で申告など面倒なことはしたくないということです。
ですから、副収入(純利益で)年間20万円を超えないよう調節してます。
完全にリタイアしたときは、一気にバルブ全開にしますよ。

このような経緯の中、私の経験・趣味・独り言などなんでもありのブログ(サイト)を立ち上げました。
長い通勤時間、海外出張あり、正業は激務という状況の中で、このサイトの特徴は、私の趣味や独り言が多い中で、ネットを使っていかに効率よく時間をかけないで収入を得るかにも重点を置いてます。

正業を持っている、男性や女性は、どうか現在の仕事を継続して、進めてください。
人間関係や仕事の相性やいろいろな面で、愚痴やはらわたが煮えたぎるときがあると思います。
しかし、再考して、思いとどまってください。
どんな会社であれ、その会社の理念は、見習うべきものがあります。
(ないもしれない、しかし、、、)
あなたに不平不満があっても、会社としては社会の信頼を曲がりなりにも得て、運営されているわけです。
すぐに辞めるとか思いとどまってください。
まずは、副業で活路を見いだすこともありではないでしょうか?
(古い話ですが、オリンパスとか、大王製紙とか、サラリーパースンにとって、はらわたが煮えたぎる事件がありましたが。。。)

副業にかけるコンセプト・スタンス

私の副業にかけるコンセプトあるいはスタンスは、以下です。
・パソコンとネットがつながった環境でできることしかやらない。
・正業は辞めない(リスクヘッジ)で、副業で別収入を得ながら、将来は副業で独立することも視野に入れる。
・時間をかけないでお金を投資して効率よく投資効果を狙って、パソコンやネットに仕事をさせる。時間を最低限に抑えるためにアプリやツールに仕事をさせるやりかたを追及する。
・時間をお金で買い、リターンを得るというやりかたは上記項目の通りですが、一方で、お金は効率化のために投資するが、ネット上では無料のサービスが数多くあり、それを有効にいかに使うかにも重点を置く。
・FX/株/仮想通貨も将来は再度運用したいので情報収集しておく。(ただしリスクを最小に抑える)

本業(正業)の収入がある一方で、生涯現役に向かって進んでいる世界

私の勤めている会社は誰でも知っている企業です。
超有名タレントを宣伝にガンガン起用してます。
(auやJALも使ってますね。)
それでも月数万以上の副業をこのブログでお勧めしてます。
私の計画は、本業(正業)を損なわず、「わたしは、定年時には、これまで育てたネットビジネスにて、副業を、定年時に一気に開花させる」という戦術をとってます。
※40歳すぎれば、絶対に今の会社を辞めるのはお勧めできません。
これは、あくまで私の一般的な意見です。
20代30代の有能な方は自らの可能性を活用ください。

なぜならば、もうお分かりですね、今の会社が終わっても、収入の保証がないのです。
年金は私くらいの年齢だと65歳支給といわれてますが、これから改正され68歳から年給支給とも言われてます。
(テレビや新聞や雑誌でありますように、はっきりしていません、つまり、それだけ大問題であるわけです!!)
(はっきりいえば、日本国には、年金に充てる財源がないだけの問題です)
60歳定年/65歳年給支給と仮定しますと、65歳年金支給で5年間の空白期間を貯金で埋められと思いますか?
ミッションインポシブルです。
それで68歳支給となると、どうやって食って生きていけるのでしょうか?
民間企業は60歳を過ぎた社員をシニア社員として、大幅に賃金カットをし、なるべく会社を去るように仕向けています。
仮に60歳で収入が断たれて、年金供与の68歳までの8年間を無収入でやりくりするには、これしかありません。
定年前に育てた副業、及び、潤沢な貯蓄/財産です。

私の見解は若干間違っているかもしれませんが、少なからず危機感はあなたに伝わっていると思います。
私の場合、本業(正業)からの収入があります。しかし、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンで、収入の実態は、税金や個人貯蓄や天引きを引かれ、もらっている給与の実感はその半額くらいです。
しかも、親や、兄弟姉妹(義理も含めて)の介護もあります。
私は長男ですので、義務感もあります。
妻も長女なので、私たち夫婦は長男長女です。
現在3人の親の面倒を、直接間接的に見ています。
(義理の父は今年他界しました。妻の献身的な介護がありました。)

収入を得るための、つらい長時間通勤、成果を上げるための海外や国内出張。

まだ、気力と体力で、なんとかやっていけます。
しかし、いつまで続くか、保証などどこにもありません。

生涯現役を続ければ、生涯収入は増え、必然的に老後は短くなり老後破算などの問題は解決できるのです。

自分の身は自分で何とかしなくてはいけないと真剣に思ってます。
私のこのブログはその一助になればと、本気で思っています。

このブログを通じて、私の趣味や独り言のほかにも、趣味や生きがいでみんなを応援したいし、ネットビジネス実践をシェアしたいという思い、みなさんともに私自身も邁進したいという思いがあります。このような私ですが、宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

お問い合わせはできるかぎりすみやかに御返信いたします。
しかし、上記のとおり正業が優先につき、3日以上時間がかかる場合があります。
タイミングよければすぐ御返信いたします。
また、その他のお問い合わせで、中傷誹謗、マナーのない方や、ご質問が抽象的すぎる場合、返信いたしかねますのでご了解お願いします。

テリーミヤマ

テリーミヤマ自画像